vol.3 会話のリズム大切にしていますか?

人と人の会話をキャッチボールに例えることがよくあります。

私が、相手にボール(言葉)を投げます。
相手もまた、私にボールを投げ返します。


これがスムーズな、キャッチボールです。
そして、会話に戻すと、一つの会話がちゃんと完了したということです。


でも、そうでない場合もありますよね。
自分の投げたボールが、相手が受け取れないものであったり、相手からのボールが受け取れないものであったり、
もしかしたら、相手からボールが返ってこないこともあるかもしれません。


そうなると、キャッチボールはスムーズではなくなります。
会話のリズムが崩れるというのはこのことです。


どんなものが、会話のリズムを崩すのか?
例えば、朝の子どもとの会話。


私「出かける準備したの?」
子「……ま…」
私「まだしてないんでしょ?ハンカチは?」
子「……え、っと…」
私「ぼうしは?」「かばんは?」「忘れ物はない?」「顔洗った?」「ハミガキした?」


私が一方的に、子どもにボール(言葉)を投げつけています。

さらに、答えない子どもに向かって
私「聞いているの?ちゃんと答えなさい!」
子「……(モヤモヤ)…」

これは、もはや会話とは言えません。
コミュニケーションが全く取れていない状態ですね。


会話にはリズムが大切です。
リズムには、『間』をうまくとることが必要になります。


[[name1]]さんは、会話の『間』を上手に取れていますか?
チェックしてみてくださいね。

□ 間髪入れずに言葉を投げ返していませんか?
□ 相手に考える時間を作ってあげていますか?
□ 沈黙を受け入れていますか?
□ 相手の返事を待たずに、会話をしていませんか?
□ 自分の話ばかりしていませんか?
□ 相手の話を最後まで聞き、次のボール(言葉)を投げていますか?


会話は、コミュニケーションを交わすために大切なものです。
そして、コミュニケーションは、お互いが心地よくあることが目的です。
会話の『間』、『リズム』、意識してみてくださいね♪