Vol.9 爽やかな自己主張


皆さんは、アサーティブネスという言葉をご存知ですか?
私の学んだコーチングトレーニングでは、ひと月まるまるこの授業があります。


私は、このアサーティブネスは、コーチングを知るよりももっと前から知っていました。
図書館で目にとまり、読んでみたのです。


その時の印象は、「何だこりゃ、学ぶまでもないこと!」でした。


私に「学ぶまでもないこと!」と、思わせたアサーティブネスとは、「自己表現の方法」です。
私は、自己主張ができていると思っていたのです。

 

が、後、どれだけ自分の自己主張、表現がお粗末か知ります。
それは、日常の中で、夫と気まずい雰囲気になる時、必ずと言っていいほど『伝え方』に問題があります。


ひとつに、自分が我慢して自己主張を控えたがために、私自身がイライラし始めてしまうパターン
もうひとつは、相手のことを考えず自己主張しすぎたために、相手に攻撃してしまったパターン
そして、どちらにもいえますが、感情的になりすぎるパターン


アサーティブネスは、「相手も自分も、両方を尊重しながら気持ちや考えを伝える態度」のことを言います。
こういった自己主張をすることで、良好な人間関係を築くことができます。
アサーティブネスの目指すところは、「WIN-WINの関係」です。

 

やはり、コミュニケーションは「伝える」ところから始まります。
当たり前のようにやっている「伝え方」を見直してみると、自分のクセや、繰り返しているパターンの原因、課題が見えてくるかもしれません。


伝え方は、相手との人間関係をさらに良いものにしていますか?