Vol.14 イライラしない環境を整える

 イライラしない環境を整える

先ほど、服のお片付けの話をしました。
2012年、最後の私の大仕事は、この片付けにしよう!と決め、
あと3ヶ月で家じゅうの片づけをする予定です。


こう思ったきっかけは、最近グングン行動してイキイキとしているクライアントさんが、
『2013年に良いスタートが切れるように残りの3ヶ月ですること』を決めていらっしゃったことです。


その話を聞いて、「よーし!私も!」と気合が入りました。
コーチングは、与える人・与えられる人という関係ではなく、パートナーという関係のが近いように思います。
お互いいい影響を与え合いながら、お互い成長していけます。


そんなわけで、今年最後の挑戦は、2013年を良いスタートにするためにお片付けをします。


『部屋の乱れは、心の乱れ』
よくあるこの言葉、突き刺さります。


お部屋が煩雑だと、イライラしやすくなります。
片付いていると、仕事の進みも早く、心が穏やかになります。


やはり環境って心に大きく影響を与えますね。


しかし、このお片付け、私は大大大大の苦手。
片付けられない人です。


まず、なかなかモノを捨てられません。
モノを分類するときに、「いるもの」「いらないもの」「いるかもしれないもの」という3つに分けていたように思います。
この分け方だと、「いるもの」と「いるかもしれないもの」が手元に残ります。


これが厄介。
捨てるものは少なく、ほとんど残ります。
「いるかもしれないもの」が圧倒的に多くなります。


「いる」「いらない」という視点が私にはそもそも難しかったのです。
必要・不要、という視点から、「好き」「そこまで好きではない」という視点に変えました。


すると、意外に残る「好きなもの」が少ない。
私、結構好きでもないものと暮らしていたのね、なんて気が付きました。
これがエネルギーを奪っているのですから、ぜひともサヨナラをしたいものです。


不要なモノ・好きではないモノ・エネルギーを奪うモノとの決別。
お片付けは、自分の環境を整え、自分のエネルギーを効率的に使うために必要なことですね。


で、ふと、人間関係も、エネルギーを奪うことがあるよなぁ……と考えました。
さすがに必要・不要という視点はないけれど、自分のエネルギーを奪う人間関係。


こちらもしっかりお片付けが必要かもな……。
なんて、思ったのでした。